小陰唇肥大って何?治すにはどうしたらいい?!

デリケートゾーンのこんな悩みありませんか

デリケートゾーンの悩みは中々誰にも相談出来ず、悩んだりしますよね。小陰唇肥大もその一つだと思います。小陰唇肥大とは女性器の左右に存在するヒダが大きくなって、擦れて痛みを伴ったり、垢が溜まって異臭がするなどの症状が出るものです。あなたもそんな悩みがありませんか?

まずは専門家に相談!

もしもそんな悩みがあるなら、専門のクリニックにいき、医師の診察を受けることをお勧めします。主に美容クリニックで相談が可能ですよ。インターネットで口コミを見て行くことをお勧めします。まずは相談だけでも実際に医師と話してみて安心で信頼できるクリニックを選びたいですね。

治療はどんな方法があるの?

治療は、もし小陰唇肥大と診断されたら、手術しか方法はないようです。小陰唇収縮術といいます。カウンセリングで、大きさや形を決め、両側で1時間、片側40分くらいで施術できます。片側、両側と言ったのは、人によっては片側だけ肥大していたり、両側肥大していたりと人によって、状態も様々だからです。大きさや厚みだけじゃなくて、もしも黒ずみなどが気になっているのであれば切除が可能な場合もあります。

術中、術後は大丈夫なの?

術中、術後の状態も気になりますよね。まず、術中ですが吸引麻酔と局所麻酔をするとことが多いため痛みはそこまで感じません。医師に、麻酔方法をしっかり確認することをお勧めします。また術後の痛みについてはほとんどないと言われています。歩いて帰宅することができますよ。もしこのコラムを読んで長年の悩みに終止符を打つ勇気ぐ持てた方は、まずは医師に相談してみてくださいね。

小陰唇 手術のなかには小陰唇を縮小するための手術があります。臭いや痒みが気になる方や、汚れがたまりやすいと感じる方におすすめです。