小陰唇肥大の手術ができるクリニックを選ぶには?

難易度の高い手術の経験が多い医師を探そう

小陰唇肥大の手術を受けられるクリニックは全国的に増えていますが、術後に満足のいく効果を得るために、難易度の高い手術の経験が多い医師がいるところを選ぶことがおすすめです。最近では、患者の手術中の負担を軽くするために、特殊なメスやレーザーなどによる手術が行われているクリニックもあり、時間をかけて具体的な手術の方法について調べてみましょう。小陰唇肥大の手術の流れについては、各クリニックの医療設備や医師の判断などによって異なりますが、安心して手術に臨むために、充実したカウンセリングが用意されているクリニックを探してみましょう。その他、カウンセリングを通じて手術を担当する医師に過去の実績や得意な手術の方法について質問をすることも大切です。

手術を受けるために必要な費用も確認しよう

小陰唇肥大の手術は、保険適用外となるため、契約結ぶ前に詳細な手術費について確認をすることが大切です。特に、入院が必要な手術を受ける場合には、トータルの費用が高額になる傾向があり、早いうちから資金計画を立てることがおすすめです。一方、症状がそれほど重くない人であれば、日帰りの手術に対応しているところもあり、クリニックによっては数十万円程度で手術を受けつけてもらうことができます。小陰唇肥大の手術の必要性は、一般の女性にとって判断することが難しいため、無料相談できるクリニックに連絡をすると良いでしょう。なお、大手のクリニックでは、小陰唇肥大の手術のモニター制度を用意しているところや、ローン払いを選択できるところもあり、若い女性でも通院しやすい環境が整っています。

小陰唇肥大とは、大陰唇の内側にある小陰唇が大きくなった状態を指します。この状態になると性行為時に痛みが生じたり、ズボン等で擦れて痛むようになります。なぜ肥大するのか、その詳しい原因は分かっていません。