フランチャイズに加入したい? どんなビジネスなのか知っておこう

フランチャイズはこんなビジネスです

フランチャイズとは、ある事業を行っている会社と契約を結び、その会社が扱う商品やサービスを自分のビジネスとして展開できるビジネスモデルです。契約を結ぶにあたり、フランチャイズ加入者は加入金を支払う必要があります。しかし、人気のある商品(サービス)を扱うことができ、事業を進めるためのノウハウも活用できるので新規に事業を始めるよりもハードルが低くなるメリットがあります。フランチャイズによるビジネスを始めると、フランチャイズ元が持つ看板(屋号)を掲げることができるので客からは支店のひとつとして見えるのです。売り上げの一部をフランチャイズ元に納める必要がありますが、ビジネスが順調であればしっかりとした利益を確保することができます。

フランチャイズの注意点

フランチャイズは人気のある商品を扱うことができ、ビジネスのノウハウも教えてくれるのが通例です。楽なビジネスだと思うからもしれませんが、当然ながら注意点はあります。まずは、ノウハウを教えてくれるとはいえ、最終的に商品を売るのは自分です。すべてを教えてくれるわけではないので、個人事業主としての工夫や努力は欠かせません。ビジネスの内容によっては、アルバイトの雇用が必要になるので人材募集で苦労するのはよくあるケースです。仮にビジネスがうまくいかない場合、閉店(契約解除)もありえます。しかし、フランチャイズ元からアドバイスを受けられるシステムもあるので、心配しすぎる必要はありません。

フランチャイズ募集はネットやお店の広告などで掲載されている場合やTVや新聞の折り込みチラシには記載されている事があります。