どんな運転免許の取り方がいいの?おススメする運転免許取得方法

免許取得の方法と金額

運転免許を取得する方法は大きく分けて2種類に分かれます。1つ目は通学をして教習所・自動車学校に通う方法。2つ目は、合宿をして教習所・自動車学校に通う方法があります。通学と合宿の免許取得の違いは、代表的な例として長期で免許の取得をするか、短期で取得をするかです。料金も通学と合宿で異なってきます。通学では25万~30万以上かかります。一方で合宿の場合、20万~30万以内の料金で免許の取得をすることができます。

合宿免許のメリットデメリット

合宿免許のメリットは、先程も説明した通り、約2~3週間程度で免許の取得ができる点が大きいです。合宿は、2~3週間で免許が取得できるプランが予め組まれているので、宿泊場所などの確保も完備されています。また、プランによっては休みの日があり、その日を利用して観光などを楽しむこともできます。近くに温泉街などある合宿場所も多く、旅行に行った気分にもなれます。

デメリットは、一定期間、地方などに滞在しなければいけないこと。さらに夏休みや冬休みなど長期休暇がある期間でしか参加することができない点です。学生などは長期休暇が多く合宿免許に参加しやすいですが、社会人の方には中々そういった長期休暇が取りづらく、参加しづらいのが合宿免許にはあります。

車両免許の種類について

運転免許には様々な種類があります。まず多くの方が取得されるのが普通免許です。一般車と呼ばれる自動車の基本的に運転します。普通免許も大きく2つに分けられています。MT普通自動車免許とAT普通自動車免許です。他にも中型免許・大型免許という免許があります。こちらは、トラックやバスなど大型自動車を運転する方々が主に取得している運転免許になります。

合宿免許は、友人と同時に入所する事もできます。免許取得できるまで、さまざまな交通、運転ルールなどを友人と一緒に学ぶことも可能です。