仕上げ加工に最適な酸洗いの魅力とその注意点はこれ!

酸洗いの特徴について

酸洗いとは、酸性が金属を溶かすという性質を使った仕上げ加工の方法です。これにより、角を丸めたり、バリを除去したり、表面粗さをよくしたりする効果があります。さらに、酸性の液体の性質である防錆効果をもたらせるのです。液体に製品をつけるだけというシンプルな工程ですので、設備投資がリーズナブルですし、大量生産にも最適です。また、人の手や機械が対応できないところでも液体が侵入していくことにより、仕上げ処理が実現します。大型部品や複雑な形状に対しても有効なのです。

酸洗いの注意点について

酸性の液体は人にも環境にも有害ですよね。次のことを注意しなければなりませんよ。人への影響については、ふれることで皮膚がやけどの症状を引き起こしたり、直接吸い込むことで気分を害してしまいます。保護具の着用の徹底や換気設備で対応する必要があり、手順書で抑えなければなりません。環境については、流出させてしまうと土壌汚染や水質汚染を引き起こし、周囲への迷惑と企業イメージを失墜させます。ただしい処理方法を熟知して従うことが重要です。

品質維持の方法について

酸性の液体はミクロンの寸法変化しか与えません。したがって、前工程の品質とその処理条件をトライで導き出し、決めたことを維持管理することが重要ですよ。具体的には、バリの大きさや表面粗さの大きさなどがあり、液体の種類と処理時間を決定します。そして、工程表を作成し、抜き取り検査を行いながら、確実に品質管理をすることがポイントです。

酸洗いとは、ステンレスなどの金属に付いた錆などを硫酸などの酸で落とすというものです。錆を落とすほか、メッキをする時の前処理でも行われる作業です。